30歳独身男性会社員の援デリ体験記

30歳になってくると結婚したり子供がいたりする同級生が増えてきた。
俺もそろそろ結婚したいなぁと思っていたけど、彼女すらいない状態。
人肌恋しくても、仕事が忙しくて全く出会いがなかった。

いくら彼女がいなくても性欲には勝てずAVを見たりデリヘルを呼んだりしてたんだけど
ある日ネットで知り合った友達のブログに「援デリ」を呼んだって投稿があった。
援デリなんて業者だろー。さっさと済ませてそっけなく帰られちゃうんだろ。と思ってみてたけど
なんか普通のデリヘルよりもかわいい子が来てくれたとか
デリヘルではなく援助交際だから本番もOKで、超気持ちよかったとか書いてあったからうらやましくなった。

さっそくその友達が使ってたワクワクメールに登録してみることに。
そして掲示板を見てみたら、すぐに援デリの書き込みが見つかった。
ワリキリで、とかお金に困ってますっていう書き込みは全部そうだった。
「これが援デリって奴かー。一応素人の援交を装ってるんだな」
と思いつつ、若くてかわいい子の書き込みを探して読んでみた。

そしてであったのがミコちゃん19歳。ぴちぴちの女子大生だ。
困っているのでワリキリ、ホ別2でと書いてあったが、実際会ってみるとすごくかわいくて
「こんなかわいい子とたった2でしちゃっていいわけ?」
と思った。

ワリキリでと募集してただけあって会ってからも話が早かった。
出会って15分もたたないうちにホテルにチェックイン。
一緒にシャワーを浴びながら、
ミコちゃんは色白で巨乳であそこの色もキレイなピンク色。
処女だと言われても疑わないぐらいウブな感じだった。
まあ援デリやってるぐらいだから、本当の経験人数は多いんだろうけど。

ミコちゃんとの行為が終わった後に何で援デリしてるの?とぶっちゃけて聞いてみた。
最初は援デリだって事を否定してたけど、しつこく聞いていくうちに観念したようだ。
「援デリは時間の融通が利くし、危ない目にあっても間に入ってくれるから」
という理由だそうだ。
なるほど。そう考えてみれば男にとっても女にとってもいいシステムだなーと思った。

「俺もデリヘルより、本番アリの援デリのほうがずっといいなー」と
ミコちゃんにもういちど乗っかった俺は、2回戦を楽しませてもらいました。

35歳既婚男性インターネット関連職のメル友募集体験記

最近では妻との関係も楽しい物を感じなくなりまして、かと言って夫婦仲が悪いといったものでもありませんので浮気をしようなんていう気持ちもありませんでした。
ただお互いが異性ではなくなってしまっているのは事実であり、そのことからも夜の営みも最近ではする気力もなくなってしまっていました。
新たな刺激というほどのことではないのですが異性のメル友がいたら、少しは楽しいだろうという考えになりましてメル友募集をすることにしたのです。
メル友募集をして知り合ったが24歳のナースさんで彼女は独身で仕事も忙しいので彼氏も作れないなんて話していました。
ほぼ毎日のように何通かのメールのやりとりを繰り返して二週間ほどたった時でした、妻がママ友とのカラオケと飲み会で夜に家を留守にしていまして、その日ナースの彼女も休みだったらしくてメールをしていたのです。
一度お話してみようかという流れになっていって、Skypeを利用して無料通話を楽しむことになりました、とても可愛い声のナースさんで思わず顔がにやけてしまうのを自分でも感じたぐらいです。
エッチな話に発展していき、テレフォンセックスになっていったのですがこれがほとんに凄いんですね、初めてのテレフォンセックスでしたがこれほどまでに興奮できるものなのかとペニスが久しぶりにマックスで勃起してしまい若いナースのアヘ声を聞きながらペニスをシゴイて楽しめました。
オナニーでこんなに興奮したのは人生ではじめての経験です。
リアルに会うことはないので浮気とも違いますから、罪悪感ゼロで思い切り気持ちよくなれました。